会長挨拶 (2016-2017年度会長 前田 芳一)


 この度、歴史と伝統のある大津東ロータリークラブの第45代会長を務めさせて頂くことになりました前田芳一です。
この1年間、どれだけのことが出来ますか判りませんが、精一杯努力して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。
 2016-17年度RI会長の ジョン F.ジャーム氏は、「人類に奉仕することがロータリークラブの礎で有り、存在理由である。今日の世界で意義ある奉仕を行う最善の道がロータリークラブの会員になることである」との信念から、2016-17年度国際ロータリーのスローガンを「人類に奉仕するロータリー」と決められました。120万人以上のロータリアンが一体となり、人類への奉仕に取り組むことを呼びかけられています。
 2650地区の2016-17年度ガバナーの刀根荘兵衛氏は、地区の2016-17年度スローガンを「夢を語り、現在(いま)を刷新」とされました。「もうすぐ100年を迎えようとしている日本ロータリーで、私達がもう一度ロータリーのあるべき姿を思い描き、夢を語り、未来を見つめ、高い理想をそこに求め、そこからいま(現在)を創造する、刷新することが求められている」とされています。
 わたくしは大津東ロータリークラブの2016-17年度のスローガンを「夢を持ち、夢を叶えるクラブであれ」と致しました。
 私達が大津東ロータリークラブに入会するきっかけは色々あったと思いますが、いま、私達はロータリアンとして何をしたいのか?何を求めたいのでしょうか? わたくしはそれこそが、皆様一人ひとりの夢だと思います。
 わたくしは、
1.大津東ロータリークラブこそが、皆様の夢を叶えることができる場所である。

2.皆様の夢を実現させることが大津東ロータリークラブの使命である。

3.そのことが何より大津東ロータリークラブの魅力になる。

と信じております。
 わたくしは、視覚障害者による音楽活動の発表会(カッコーコンサート)、子供に科学の面白さ体験してもらうための「宇宙ロボットを作ろう」大会の開催を中心に、クラブ奉仕、職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕、青少年奉仕に取り組み、RI会長の「人類に奉仕するロータリー」、2650地区刀根ガバナーの「夢を語り、現在(いま)を刷新」に応えて行きたいと思っています。
 我が大津東ロータリークラブの良さである「皆一緒に、明るく、楽しく」を引き継ぎ、会長の勤めを果たして行きたいと思いますので、どうぞ皆様にはご支援、ご協力を賜りますように、よろしくお願い申し上げます。
 終わりになりましたが、会員、会員ご家族との絆を深め、「良かったな」という年度にして参ります。会員皆さまのご協力を切にお願いする次第でございます。
 何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ先:

 

電話: (077) 543-2261

E-mail: otsuhigashirotaryclub@gmail.com

 

住所: 〒520-2143 大津市萱野浦23-1 ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ内

大津東ロータリークラブ 事務局